どうやら妊娠したらしい

42歳で妊娠した話。2018.2.24予定日です。

8w6d

つわりの吐き気に支配されていた頃は、1日が長く、何週何日の日の部分がひとつ変わる事が嬉しくてたまらなかった。

吐き気もだいぶ楽になり、家で日中1人で過ごす生活にも慣れて来て、気づいたら明日で9wにもなる事に少し驚いている。

「妊娠生活なんてあっという間」という言葉を何度も見ているが「またまたぁ」と半信半疑だったが、この調子だと私もうっかり「あっという間」発言をする可能性が出て来た。

 

つわりは、絶対何かに操られていると思い始めた。EMIさんの「子宮の中の人々」というブログ(本も買いました)みたいに、何かが仕組んでると思えてきた。

話が逸れますが、↑この本は男性にも読みやすく、妊娠雑誌を全く見てくれない旦那さん達もきっと見てくれるのでオススメです!うちの旦那さんは読んでました。

 

で、つわりは何かに操られてると思い、「ツワリ大魔王」とか「魔法少女ツワリン」とか色々考えたけど、株式会社「ツワリ」というものがあると想像したらそこから妄想が広がり始めた。私のゴロゴロ暇タイムはその想像の世界に入る事になった。

ただ語呂がよく、それらしく聞こえるから株式会社にしてみたけど、一部上場とかそういうことはアホな私には全くわからない。むしろ一部上場っていう言葉を知ってただけでアッパレだと思っていただきたい。

株式会社「ツワリ」は世界規模で活動の幅を広げており、日本の都道府県全てに支店がある。

本社は東京。な感じがする。

かなり想像を広げている最中に、需要と供給について考えてみた。誰がツワリ症状を欲しいと思うか。世界規模で会社を経営できるということは、かなりの需要がなければ経営難になる。

そして、闇に辿り着いた。

産婦人科と闇の契約がなされているのだ。

(あ、わかってると思うけど想像です。ウソです。ウソ!)

 

「吐き気がひどくて…」

「めまいが凄いんです…」

そういって受診する人も多い。

「じゃあ見てみましょう」

それだけでもお金を払う事になる。

ツワリがなければ、ツワリ改善のための受診が減ってしまう。

というわけで、株式会社「ツワリ」に頼んでほどよくツワリを発生させてもらっていたのだ。

 

つづく(笑)

広告を非表示にする